紫外線の季節になりました

日中の気温が20℃を越えて春らしい気候になってきました。

同時にじりじり太陽の光を感じます(-“-)

紫外線対策の季節ですね(・・;)

紫外線は上からとは限らない

最近では早速「日傘」で紫外線対策をしている方を良くみかけるようになりました。

季節を感じさせますね(*^_^*)

紫外線は上から降り注ぐのがほとんどですが、実はアスファルトや壁、ガラスなどで跳ね返り、四方八方から私達を狙ってきています(>_<)

なので日陰にいる時も油断できません(・・;)

日焼け止めをしっかり塗り、日焼け止めを塗れない目もUVカット眼鏡やサングラスで守ってあげるのがお勧めです。

そもそもなぜ紫外線対策をするのか

紫外線は、体内でビタミンDを生成し、健康を維持させる働きがあるため、本来はある程度浴びることが必要です。

しかし、紫外線を浴びすぎると日焼けをするだけでなく、老化物質である体内の活性酸素が大量に発生する為、シミやシワなど美容面や疲労感やひどい場合はガンなどの健康面にも悪影響を及ぼします。

人に影響を与える紫外線には 長い波長の「UV-A」と、短い波長の「UV-B」があります。

肌をすぐに黒くするのはUV-Aの影響

UV-Aは、日差しを浴びた後、「肌をすぐに黒くする」紫外線です。

これがメラニン色素をつくる色素細胞(メラノサイト)を刺激することで、メラニンが生成されて色素沈着が起こります。

UV-Aは30〜50%が表皮を通過して真皮に到達し、真皮にある弾性繊維を破壊するため、それが肌のハリなどに影響を及ぼし、シワやたるみなど

肌の「光老化」へとつながってしまいます(>_<)

肌に炎症を引き起こすのはUV-B

もう一つのUV-Bは「肌に炎症を起こさせる」紫外線のことで、肌がヒリヒリするやけどのような状態になります。

UV-Bは すべての紫外線の約5%を占め、主に肌表面で吸収され、UV-Aほどすぐではありませんが肌色を黒くする作用があります。

そのエネルギーは強く、肌が赤く炎症を起こしてしまうのです。これがシミ、そばかすなどの原因となります。

日焼け止めはどう選ぶ?

日焼け止め書いてある「SPF」と「PA」「+」という表示。これはUV-A、UV-Bそれぞれから肌をどのくらい守ってくれるのかを示したものです。

■SPF
SPFとはUV−Bに対する防止効果を示すものです。

SPFは2〜50、さらに50以上の場合は「50+」と表示され、数値が大きいほどその防止力が高まります

■PA
PAとはUV-Aに対する防止効果を示すものです。

PAは「PA+」〜「PA++++」の4段階で表示され、「+」が多いほど防止力が高まります

紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止めですが、効果の強い物は少なからずお肌に負担をかけてしまいます。

シーンに合わせて適した効果の物を選ぶのがおすすめです(*^_^*)

・散歩やちょっとしたお買い物など日常生活では  SPF10〜20、PA++
・屋外での軽いスポーツやレジャー        SPF30以上、PA+++
・炎天下でのお出かけ  SPF50以上、PA++++

紫外線対策は中からも!

外から紫外線が入ってこないように対策するのももちろん大切ですが、入ってきた紫外線に抗えるように中からもケアしましょう!

紫外線を浴びると体内に増える「活性酸素」これらは本来は体内の異物をやつけて体を守ってくれる免疫機能ですが、増えすぎると自らの細胞を攻撃してしまいます。

活性酸素が増えた状態の身体は「酸化」している為「抗酸化」効果のある食べ物やスキンケアがお勧めです♪

【ビタミンC】
緑黄色野菜(パプリカ・パセリ・ブロッコリー・青菜類など)、フルーツ(キウイフルーツ・いちご・かんきつ類など)
ビタミンCは水溶性なので、生で食べるのがオススメ!水洗いする場合は、洗い過ぎないようにしましょう。

【ビタミンE】
植物油(ひまわり油・やし油・べに花油など)、種実類(ごま・アーモンド・ピーナッツなど)
緑黄色野菜を炒めて食べると、他のビタミンも同時に摂れて効果的です。

【ポリフェノール類】
プルーン・りんご・赤ワイン・コーヒー・緑茶・紅茶など
フルーツの場合、皮にもポリフェノールが豊富に含まれているため、皮ごと食べるのがオススメ。コーヒーやお茶は、ペットボトルで販売しているものより、淹れたてのほうがポリフェノールを多く含んでいます。

【ミネラル類】
海藻類(わかめ・のり・昆布など)、魚介類(桜えび・うるめいわしなど)、納豆など。
ミネラルは、熱には強くても水に溶けやすい性質なので、茹でるよりも蒸すのがお勧め。

【カロテノイド】
緑黄色野菜やフルーツの黄色、オレンジ、赤色の色素成分。パプリカ、トマト、ホウレンソウ、ミカンなど


濃い色の野菜やフルーツに豊富に含まれます。
特にオススメは赤いパプリカ!赤いパプリカにはカロテノイドのなかでも特に抗酸化力が強いキサントフィルという成分が豊富に含まれています。
カロテノイドは油溶性のため、サプリメントなどを利用するか、油を使った調理方法で食べると体内に吸収しやすくなります 。



そんな中からの紫外線対策に毎年おなじみのこちら

「AOサプリ」

こちらは活性酸素を除去する事に特化し研究され作られたビタミンサプリ。

たとえ紫外線を浴びてしまっても、中から活性酸素を除去して守ってくれます。

通常一日9粒なのですが、私は海に行く日などは20粒くらい飲んで出かけます。

するといつもなら真っ赤に炎症を起こす私の肌も酷くなることはありません。

もちろん、紫外線を浴びた後はしっかり冷やして保湿しましょう(^^)

もちろん日常に必要なビタミンもしっかり入っているので美肌効果もあり。日々のビタミン補給にもお勧めです!(^^)!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA