今年も紫外線対策の強い味方

こんにちは、加奈です。

良いお天気が続きますね!(^^)!

2日前位までは夏日のような暑さだったのに、昨日位からまた急に肌寒くなりました・・

ですが、日差しはもうギラギラです!

どうやら紫外線との闘いの火蓋は切って落とされたようです。。

紫外線とは・・

ひとえに紫外線と言ってもそれには種類があるそうです。

●UV-C

オゾン層を通過する時点で散乱もしくは、吸収されるため地上には届きません。エネルギーがとても強く、浴びると細胞組織に損傷を与えます。オゾン層の破壊が環境問題になっているのはこのためです。

●UV-B

中間の波長の紫外線で皮膚の表皮まで達します。皮膚に対して直接的な作用が強く、長時間にわたって浴びると紅斑(サンバーン)が生じ、ひどい場合は水疱が生じます。

●UV-A

波長が長いため皮膚の深く真皮まで達し、光老化(しみやしわ)の原因にもなります。

UV-Aを浴びた時には皮膚の変化はあまりわかりませんが,くり返し浴びることでしわやたるみといった皮膚症状が進みます。

日焼け止めの選び方

一番基本の紫外線対策は「日焼け止め」の使用。

日焼け止めの表示を見ると「SPF」や「PA」と言った記載がありますね(´・ω・)

これはどの種類に効果的な日焼け止めなのかの表示なのです。

SPF:UV-Bに対する遮光効果を示す指標です。数値が大きいほどUV-Bの防止効果が高くなります。

PA:UV-Aに対する遮光効果を示す指標です。SPFとは違い+・++・+++・++++の4段階で示します。+の数が多いほど、UV-A防止効果は高くなり、UV-Aの皮膚への負担を軽減します。

日常使いにはPAの+数が多いもの。海など屋外に長時間いる時などはSPFの数値の大きい物。など用途に合わせて選ぶといいですね♪

日傘などの活用

日焼け止めなどで守るのはもちろんですが、そもそも紫外線に当たらないようにすればいいのでは??

と言って引き籠る訳にもいきませんので、外出の際には日傘やUVカット仕様の羽織やストールで肌を守るといいでしょう♪

アスファルトの跳ね返りなどで目にもダメージがあるのでサングUV眼鏡の使用もお勧めです☆

中からのバリアで紫外線から守る

外からの守りは万全です!

後は中から守れば安心です!

紫外線が肌に吸収されると体内に活性酸素が大量に発生します。

本来、活性酸素は人体を有害な物質から守ってくれる免疫の役割を持っているのですが、増えすぎる事で自分自身の細胞を攻撃してダメージを負わせてしまうのです・・・。

人のか身体は勿論、お肌も細胞たちで出来ています。この細胞が攻撃されて元気がなくなればお肌も傷ついたままです。。

そこで!

毎年おなじみのこちら

「AOサプリ」

こちらは活性酸素を除去する事に特化し研究され作られたビタミンサプリ。

たとえ紫外線を浴びてしまっても、中から活性酸素を除去して守ってくれます。

通常一日9粒なのですが、私は海に行く日などは20粒くらい飲んで出かけます。

するといつもなら真っ赤に炎症を起こす私の肌も酷くなることはありません。

もちろん、紫外線を浴びた後はしっかり冷やして保湿してケアして下さいね♪

もちろん日常に必要なビタミンもしっかり入っているので美肌効果もあり。日々のビタミン補給にもお勧めです。

中から外からしっかりケアして、紫外線を迎え撃ちましょう(‘◇’)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA