季節の変わり目にご注意を。

こんにちは。TREVO代表本川です。

今日も雨模様ですが、今年は本当に災害が多かったですね・・・
今もまだ、自宅に帰れず辛い日々を過ごされている方が沢山いらっしゃいます。
1日でも早く復興することを切に祈います。

最近急に気温も下がり、秋を迎えました。
そしてこの時期お客様の中でも多くなるのが・・・

頭痛・片頭痛・肩こり・腰痛・不眠・めまい・極度な冷え・むくみなど

原因のわからない急に強くなる症状です。

「不安になって、脳神経外科で検査してもらいました!!」
そんな方も沢山いらっしゃいます。

でも、「肩こりからくる頭痛ですね・・・鎮痛剤出しておきましょう」
大体、そう言われて帰ってこられます。

周りには伝えずらい・わかってもらいにくい不定愁訴
不定愁訴とは・・・はっきりした理由や原因がとらえられないが,頭が重い,肩が凝る,腰が痛い,いらいらするというような患者の訴え,またその症状をさす臨床用語。

その症状の多くは、
「自律神経の乱れ」が関わっていることがほとんどです。

自律神経とは・・・

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。
体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。
その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。
不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われます。

原因はたくさんありますが。。。
代表的なもので下記のようなことも原因の一つです。


◎精神的、身体的なストレス
人間関係、仕事のプレッシャーなどの悩みや不安による精神的なストレス、過労、事故、怪我、さらには音、光、温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの主な原因になります。そのストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れます。

◎不規則な生活
私たちの体は一定の生体リズムに従って働いています。慢性的な寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活など不摂生を続けていると、生体リズムが狂って自律神経のバランスを乱す原因になります。

自律神経のバランスにより保たれている私たちの体は、10度以上の寒暖差にも弱く、この暑かった夏から冬にかけて訪れる
気温差に乱れてしまい、体調も崩します。
その時には免疫力も下がりますので、感染症にもかかりやすくなります。

自分のことは自分にしかわからない

ちょっとした自分の体や心の変化にも自分で気づけるようになれば、
ここまでの症状も未然に防げるようになります。

ちょっと疲れてるなぁ・・・と感じるときは、
一度立ち止まって今の状態を感じてあげましょう。

自分の状態をしっかり確認する。
そこを重要視した自己免疫力の向上に特化した
「アモル美容整体」←こちらをクリック★

ご興味がございましたら、ぜひ一度ご体験ください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA