雨の日はなぜ浮腫みやすいのか??

こんにちはTREVOの加奈です

ようやく梅雨に入り、雨はまだ少ないものの、湿度が高く過ごしずらい日が続きます(*_*)

この時期に多いお悩みが「むくみ」です。

今日はむくみがひどいな?という日があると思います。

浮腫みの原因は前日の飲食や過ごし方はもちろん、実は天候も大きく関係しているという事をご存知でしたか?

雨が降る日は気圧が低い、低気圧になります。ちなみに晴れた日は気圧が高い高気圧です。

地球には重力がありそのお陰で地に足を着けて生活する事が出来ています。

人の体にも圧がかかっているのですが、低気圧、高気圧はその圧の状態を言います。

雨の日は気圧が低くなる=外から身体を押す圧が弱くなるので中の容量が広がりやすくなってしますのです。

雨の日などの気圧が低く湿度の高い日浮腫みやすくサイズUPもしやすくなってしまうのです。

雨の日に気圧が低くなって身体の容量が広がりやすくなってしまうのは仕方がありません。せめて中身(老廃物)を溜め込まず容量を広げないように心掛けましょう(^o^)丿

雨の続く梅雨時期こそ、半身浴や岩盤浴でしっかりと汗をかき、新しい水分をとって体内の水分を入れ替え、老廃物を排出する事が大切ですヽ(^o^)丿

もちろん、デトックスが得意なスロータスマッサージもお勧めです☆

夏を目前にダイエットを頑張っている方も、体内の老廃物が多いとせっかくの努力がなかなか結果に出ない事も・・・

しっかりケアして夏に備えましょう★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA